ボイストレーニングを効果的に行う方法

だれでも上手に歌えるようになりたいと願っています。生まれつき声がよくないとあきらめている人も少なくありません。あるいは音程がずれる、リズム感がないと思っている人もいます。高い音が上手くだせなくて、がっかりしたことがあるかもしれません。歌が好きだけれど、みんなとカラオケに行けない人もいます。現状がどんなものであっても、だれでも上手に歌えるようになります。そのためには、トレーニングが必要です。正確なトレーニングを受けることで、弱点や間違いを克服し潜在能力を伸ばすことができます。美しい発声を妨げるクセを取り除く必要もあります。もちろんトレーニングといっても、ただ闇雲に練習することを意味するわけではありません。系統だった仕方で、良い指導を受けることが必要です。

自分でできるボイストレーニング

ボイストレーニングには発声練習だけが含まれるわけではありません。歌う前に行うストレッチも大切なトレーニングの一つです。人間の声は一種の楽器です。体全体を共鳴させて音を出します。歌うときに使うのは、喉や口だけではありません。全体を使うことで美しい音をだすことができます。そのためには全身をまんべんなく鍛えるようにしましょう。歌う前に、準備体操を行います。ストレッチを行って体を柔らかくすることが目的です。血行がよくなることで、声をだしやすくします。特に上半身、首回りの筋肉を柔らかくしましょう。ラジオ体操のような運動で十分です。顔の筋肉もほぐれるように、大きく口を開けたりすぼめたります。十分な準備体操を行うことで、伸びやかな美しい声をだせるようになります。

何かをしながら行えるボイストレーニング

日常生活の中にもボイストレーニングを含めることができます。その一つはハミングです。ハミングにより声の質を滑らかにすることができます。唇を震わせるトレーニング方法もあります。口を閉じて、音を破裂させるように息を出します。課題曲を徹底的に聞くことも大切です。歌い方や抑揚の仕方が耳に残るように集中して聞きましょう。これらのトレーニング法は、家事をしながら、歩いているときにも行うことができます。日常生活の中にも上手に取り入れることで、もっと上手に歌えるようになります。良い音質のためには、腹式呼吸が欠かせません。歌によっては必要がないものもありますが、腹式呼吸は必ずマスターする必要があります。お腹に空気をためる腹式呼吸もできるようになるまで、練習しましょう。